PYUISM

恋愛がうまくいかなくて困っている人にこそ読んでもらいたいブログです。僕がどのようにして恋愛をうまくいかせてきたのか。非モテから脱出するためにしたことを書き記しています。

好きなタイプと好かれるタイプが全然違って困っています【pyuiの質問コーナー】

f:id:s-snowdrop-find-my:20170902093031j:plain

pyuiへの恋愛相談はお問い合わせページからお気軽にどうぞ。

www.pyuism.com

質問が来た。

 

好きなタイプと好かれるタイプが全然違うのですが、好きなタイプに好かれる努力をした方が良いのか、それとも好かれるタイプを好きになる努力をした方が良いのか困っています。

 

とのことだった。

 

僕は圧倒的に前者の方が良いと思う。

 

なんでかというと、自分が好きじゃない人を好きになる努力なんてする必要はないと思っているからだ。

 

いい人なのかもしれない。でも、自分にうそをついてまで、自分を曲げてまでそれをする価値があるのか。

 

そこを考えてほしいと思う。

 

そして、どうして自分のタイプではない人に好かれてしまうのか。そこについて今回は触れていこうと思う。

 

自分の好きなタイプが曖昧な女性たち

 

今回の質問者様は女性なので、女性の目線から記事を書いていこうと思う。

 

好きじゃない男から惚れられる。モテない女性からしたら幸せなことかもしれないが、実際にはそんなこともないのが現状だ。

 

デートの誘いを断るのにもなかなか労力を使うのである。

 

しかも何とも言えない申し訳ない気持ちになる。自分が相手の気持ちに答えられないというのはなかなかつらいものがある。

 

では、どうしてそのようなことになってしまうのだろうか?

 

どうして、自分の好きなタイプではない異性から好かれてしまうのか。

 

あなたのタイプの価値観をはっきり言えますか?

 

自分の好きなタイプってあると思うんです。

 

優しい人がタイプ。かまってくれる人がタイプ。そういうのってありますよね。

 

でも、ほとんどの人ってそこで終わっていることが多いんです。

 

その先まで考えない。だから好きな人が毎回抽象的なんです。

そして、そこから得る学びも少ない。

 

恋愛で同じ失敗を繰り返してしまう人は特にこれが当てはまります。

 

自分の好きなタイプが抽象的だから、相手も様々なタイプが集まってきてしまうわけ。

 

じゃあ、どうすればいいの?

 

まず最初にやらなければならないのは、自分の価値観設定。

 

「私はこういうタイプが好き。それは、○○だからだ」

 

という風に、自分の価値観が分かるまで好きなタイプを掘り下げていきましょう。

 

たとえば、お金持ちが好きなら、それは私が経済的に困りたくないと思っているからだ。という風なようにです。

 

まずはこれを徹底的にしていくこと。

 

そうすると、自分がどういうタイプの人間を求めているのかが分かってきます。

 

これで自分の好きなタイプが分かるようになると、人付き合いが楽になってきます。

 

自分がどうしてこの人を好きじゃないのか、逆にどうしてこの人が好きなのかというのが少しづつ明確になってくるんですね。

 

そうするとかなり楽で、この人のこういうところが好きなんだなぁと実感できるようになります。

 

逆に、この人のこういうところがダメなんだというのも把握できるようになるので、そういう人には速攻でNGを出すことができるようになります。これが大事。

 

そのあとにすること

 

大体人って自分の持っていないものに惹かれる性質があるので、自分が好きだって思うタイプは、自分の持っていないものを持っていることが多いです。

 

なので、自分の好きなタイプの好きなタイプっていうのを自分で調べてみましょう。

 

どういう女性が好きなのかっていうのを表面的な部分ではなくて、深い部分で探っていくんですね。

 

これをしていくともっともっと相手のことが知れるし、その人と話すのがすごく楽しくなります。

 

しかも、相手とも深くかかわれる。相手の持っている価値観っていうのをもっともっと知ると、その人と深いところでかかわれるようになるので楽だし、好きなタイプからも好かれるようになります。

 

まとめ

 

自分の価値観設定がしっかりしていないからふらふらするんですよね。

 

だからつらいしめんどくさい。

 

自分がこれはNGっていう価値観を持っていれば、人を判断するときにものすごく楽です。

 

しかもそれは自分の価値観に基づいて判断しているからさらに楽。

なんで嫌なのかが言葉にできるというのは何とも言えない爽快感があります。

 

逆に、なんでこの人のことが好きなのかもそう。言葉にできることでさらに楽になるでしょう。

 

好きなタイプから好かれません・・・というのは、好きなタイプのことを知らないからです。それに、自分の好きなタイプも明確ではないからです。

 

ちょっと優しくされて好き!となるのは、自分が寂しいからではありませんか?

 

本当に好きなタイプなのかどうなのかをしっかり見極めることから始めてみてくださいね。