PYUISM

恋愛がうまくいかなくて困っている人にこそ読んでもらいたいブログです。僕がどのようにして恋愛をうまくいかせてきたのか。非モテから脱出するためにしたことを書き記しています。

Tinderでアポをとりたかったら送るべきファーストメッセージはこれだ!

f:id:s-snowdrop-find-my:20170901124552j:plain

Tinderでアポが取れすぎて、僕の中でTinderブームがきていることは前にも記事に書いた。

 

有料登録した方がいい理由は下の記事に書いた。 

www.pyuism.com

 

 

ちなみに、同時にハッピーメールも使うとよい。

happymail.co.jp

無料で使えるので一緒に入れておこう。

 

そんなわけで今日はTinderでアポをとりたい男におススメするファーストメッセージを紹介したいと思う。

 

Tinderでアポをとるためのファーストメッセージはこれだ!

f:id:s-snowdrop-find-my:20170903185825j:plain

 

マッチングありがとうございます!

 

とりあえず飲みにいきませんか!

 

 

いつまで使えるかはわからないけど、これはマジでパワーワード。

 

最後にアポに誘うなら最初からアポに誘えという必殺技である。(笑)

 

ほとんどの男はTinderで最初から飲みに誘うなんていうことはしないし、誘うにしてもいろいろと遠回しな誘い方をする。

 

だからストレートな誘いが効くのである。

 

もちろん、無難なファーストメッセージに比べたら返信率はやはり少し下がる。

(ただ、この場合は僕のプロフィール設定が微妙だった可能性は少なからずある)

 

しかし、僕たち男がかわいくて美人な女性からアポに誘われたら行くように、こちらのプロフィール設定がしっかりしていたら女性たちも誘いに応じてくれる。

 

それはもちろんこちら側がヤリ目全開ではいけない。

でも、飲みに誘ったら結構来てくれる人もいるのだということを覚えておいてほしい。

 

僕はTinderであのファーストメッセージを送って50人以上とアポを取った。

 

アポを決定させてからLINEへ移行する

 

Tinderも含め、ネトナンではアポをとってからLINEに移行することが非常に大事である。

 

LINE交換してからアポをとって・・なんて遅すぎる。アポは迅速に取る。そしてLINEを交換する。

 

ネトナンではこの流れが非常に大事なのである。

 

これを思いっきり体現したのが、先ほどのファーストメッセージなのである。

 

僕はTinderで飲み友達を欲しているのだが、飲み友達を作ることが最終ゴールなら、最初に誘う方が手っ取り早いと思っている。

 

飲みに行きませんか!と自分が相手と何をしたいのかを伝えたうえで、あとはLINEを交換して関係性を深めていく。

 

一番最初に関係性をそこまで深める必要はないわけだ。

 

自分はこうしたい!そのためにこれを使ってるんです!っていう目的がはっきりしているほうが、相手の感じる怖さは少ない。

 

目的がないまま女性と会話している人が多くいるが、女性からしても目的のない会話は何がしたいのかわからない。

 

何がしたいかわからないと思われるから相手に怖いと思われてしまうのである。

 

僕の場合は誘わないにしても、最初に「もしよかったらお話しませんか!」などと自分の要求を伝える。

 

そうすることによって相手も自分が何をしたいのかが分かって楽だと思っているからだ。

 

Tinderでアポを取りたいなら送るべきファーストメッセージの結論

 

結論として、Tinderでアポを取りたいなら、ファーストメッセージには自分の要求を入れるべきだろう。

 

自分の要求をファーストメッセージに入れる。

 

「もし良かったら飲みに行きませんか!」

「もしよかったらお話しませんか!」

 

そういう自分の要求、目的をファーストメッセージに入れるとアポを取りやすい。

 

Tinderではそれを意識したら、かなりメッセージが返ってくるし、アポを取りやすくなると思う。

 

ぜひ、意識してみてほしい。