PYUISM

恋愛がうまくいかなくて困っている人にこそ読んでもらいたいブログです。僕がどのようにして恋愛をうまくいかせてきたのか。非モテから脱出するためにしたことを書き記しています。

女性にお酒をたくさん飲ませる男になるな。その下心はさっさと捨てろ。

人は時として自らの目的を遂行するときに手段を選ばないときがある。

 

 

自分の大切な人が助かるなら・・・と、人間としての道徳を問われるような行動に出てしまう人の心理も同じようなものであろう。自分さえ助かれば・・・と人質をとる強盗の心理も同じかもしれない。

 

 

場所を変えてみて居酒屋。

 

 

居酒屋へ行くと、女の子にお酒をガンガンに飲ませる男を多少なりとも見かける。お酒を飲むことをお互いが楽しんでいるのならばそれはそれで結構。ガンガン飲みたい日だってそれはある。

 

 

 

しかし、どう考えても女の子の側は拒否しているよなという場合でもお酒を勧める男はいかがなものか。「もうさすがに大丈夫です」と言っている女の子の姿を遠慮している姿だと本当に思っているのだろうか。

 

 

アルコールが入ると人間は正常な判断がしづらくなる。

 

 

もしも、男が女の子をそのような状態にまでもっていきたいのであれば、それは甚だおかしいのではないかと僕は思う。

 

 

アルコールは過剰に摂取しすぎれば死に至る可能性だってある。なのに女性にそこまでアルコールを過剰に摂取させたいのであろうか。一体何を考えてそこまでアルコールを摂取させようとするのだろうか。

 

 

先ほども述べたように、僕にはその根底には「正常な判断をしづらくするため」というものが隠れているように思えてならない。男が女の子を扱いやすくするために、過剰にアルコールを摂取させるわけだ。

 

 

女の子が気持ち悪くなれば「ホテルで少し休んでいこうか」とホテルに誘う口実ができる。酔っぱらってふらふらでも同様だ。「俺の家で少し休んでいく?」の一言で決着がつく。

 

 

けど、僕はそれは少しダサいと思う。

 

 

気分を悪くさせて自分の家に誘い込むなんてダサすぎる。男だったらもっと堂々と誘えばいいのにと僕は思ってしまうのだ。自分の魅力で勝負してみろよと思ってしまうのである。

 

 

女の子はほろ酔いくらいが一番かわいい。ガンガンに酔わせてしんどそうな顔をしている女性をかわいいとは僕は思わない。少しお酒が回ってきて、テンションが高くなったくらいが僕は好きである。

 

 

女を誘うのであれば、相手の女性が一番ベストな状態で誘ってみろよと僕は思うのだ。相手の弱みに付け込んで自分のフィールドへ持っていくのは少し狡猾な手段ではないだろうか。

 

 

お酒はほどほどに飲ませて、決して気持ち悪くなるまで飲ませはしない。お酒の力を借りないと女の子とコミュニケーションが取れないのだとしたら、それは本当のコミュニケーションではない。

 

 

自分の実力が足りていないのをお酒の力でごまかそうとするな。だったらシラフの状態で堂々と正面から打ち砕かれた方がまだマシだ。自らの実力を思い知れ。

 

 

目的を遂行するためなら何でもするような男になってくれるな。

 

 

お酒を飲ませずに家まで誘い込めるくらいになってほしいものである。そして、上手に女性にウソをつける男になってほしいものである。