PYUISM

恋愛がうまくいかなくて困っている人にこそ読んでもらいたいブログです。僕がどのようにして恋愛をうまくいかせてきたのか。非モテから脱出するためにしたことを書き記しています。

形が何よりも大事だった今までの恋愛から、本質が大事になってきている今の時代の恋愛について。

f:id:s-snowdrop-find-my:20180107143917j:plain

一昔前の恋愛といえば、「付き合っている」ということであったり、「結婚している」ということが何よりも重視されていたように感じます。ある意味それは普通のことであり、今までの「一般常識」とされてきました。

 

「責任」という意味合いからも、「この女性と自分は付き合っている」ということを周りに提示して、「俺のもの(俺が付き合っている女性)だから誰も取るなよ」という暗黙の了解があって恋愛というものは成り立っていました。

 

これが、僕の考える今までの恋愛です。ようするに、付き合っている(彼氏彼女)や、結婚している(旦那、奥さん)という関係があり、その箱の中に2人で入ることで、他の人は干渉できない(されない)ようにするというのが今までの恋愛だと僕は捉えています。

 

しかし、この恋愛の形というのはどうも変わってきているようなのです。最近になってより一層僕は強くそれを感じます。

 

恋愛のあり方というのは今までとは変わってきているようなのです。

 

今までの恋愛というのは先ほどから述べてきたように、付き合うということが最大のゴールとなります。付きあう事さえできれば、あとはどうとでもなるという考え方です。これは昔の考え方だと僕は定義します。

 

そして、この考え方を持っているのが、現代の非モテです。非モテは、女性と付き合うことを最大のゴールとしていますので、形を求めます。「あの子と付き合っている男=俺」というものを求めていますので、そこにひたすらにこだわり、求め続けます。

 

今の女性が求めているのはそこじゃないというのに。

 

今の女性が求めているのは、「付き合う」という形よりも、もっと本質的な部分の、「良い関係」です。この良い関係というものを細分化していくと、「一緒にいて楽しい」とか、「ドキドキする」とか、「この人といると安心する」とか「一緒にいて楽」などというところです。

 

もちろん他の要素もあって、「お金を持っている」とか、「かっこいい」などの要素もありますね。自分の欲を満たしてくれるなんていうのもその要素の一つでしょう。

 

今の時代で大事なのは、これらを満たしてくれる存在なのです。

 

僕らが学んできた恋愛というのは、やはり「いかにして自分の好きな女性と付き合うか」もしくは「いかにして好きな女性とセックスするか」といったところでした。

 

多くの男は1つ目の、いかにして好きな女性と付き合うかというところをひたすらに追い求めていたように思います。なぜかというと、付き合う事さえできればそのあとの行為(手を繋ぐ→キスをする→セックスをするetc)などが可能になるからです。

 

この概念というのはもはや一般的な概念であり、これが普通で、他はおかしいという風に囚われていることが多かったように思います。そんな中で、「この理論は一般的であるというだけで、本当は違うのではないか?」ということに気づいたチャラ男(世間一般ではチャラいと呼ばれるだけ)が、女性をどんどんとゲットしていったわけです。

 

今の時代で大事なのは付き合うとかそういったことよりも、女性の求めている要素(安心したい、楽しみたい、スリルが欲しいなど)を満たせるかどうかの方がよっぽど大事なわけです。

 

付き合う形の多様化(ネットで出会ったことのない人と恋愛したり、別居婚など)や欲を満たすことの簡易化(インターネットによる性へのアクセスの簡易化)によって、「付き合う」ということや、「結婚」というものに対して、さほど大きな意味を持たなくなった男女が増えてきたのではないかとも思います。

 

もちろん、そんな時代だからこそ、そういう関係を大事にしたいな・・・と僕は思うわけなのですが、少なくとも今の時代で思い求められているものは今までとは変わってきているんだよということに気づかないと、この時代では生き残れません。

 

同じ思想の男女同士で残るという方法しか残されていないでしょう。ましてやその子供も親と同じ考えを持つのだとしたら、将来生き延びていくことは難しくなるかもしれません。

 

僕が結局何が言いたいのかというと、今の時代だからこそ、本気で恋愛を学び直した方がいいということです。今の若い世代ほど恋愛を本気で学んだ方がいいと思います。

 

大人になってから「奥さんはいるけど俺路上でナンパしてます」っていうおっさんにはなりたくないかな。でも、冒頭から述べてきたように、恋愛のあり方を考えるとそうなるんです。家庭と恋愛は別物だっていうことだって増えてくるわけです。

 

これから先を生きていく上で、早い段階で恋愛という問題を解決しないと、結局損失が激しくなりますよということを言いたい。俺は少なくとも早めに解決しといてよかった。

 

多種多様化する恋愛と、昔と今では恋愛で求められることが違うことを早々に察して動いていかなければならないわけです。早く気づかないと置いていかれるよ。

 

これから大人になっていく僕も含め、自戒の意味でも記事でした。