PYUISM

恋愛がうまくいかなくて困っている人にこそ読んでもらいたいブログです。僕がどのようにして恋愛をうまくいかせてきたのか。非モテから脱出するためにしたことを書き記しています。

恋愛ブログ第2章開幕させようかなって話。章ごとに分けていきます。

はい。pyuiです。

 

第2章開幕させようかなと。

そもそも最初は恋愛初心者に向けて記事を書いていたんだけど、そろそろ秋が来た頃じゃないかなと思って。笑

なんで、第2章の幕開けとして、彼女との付き合い方っていうのをどうするべきかを教えようかなと思います。

 

最初に行っておくけど、どんな理由があれ彼女を心配させるやつはクソ。

マジでクソ。彼女を悲しませるやつもクソ。

このマインドは常に持っておいた方がいい。

んで、彼女を悲しませることになるのなら何もしない方がいいし、彼女なんて作らない方がいいと思う。ただ、ここに関してはカップルによって差があるから、ちゃんと話し合った方がいいよ。

 

価値観の設定をきちんとした方がいい。そうじゃないと付き合っていくうちにだんだんと合わなくなって冷めていくから。それに、それが別れるきっかけになったりするからね。

例えば。俺と彼女の場合、お互いが遊びに行くときは言わない。基本的にはね。嫌でしょ?余計なことを考えるの。そういう詮索をするのも嫌だし、それで心配になるのも嫌でしょ。だから最低限のことしか言わない。それがルール。

 

もちろん、カップルによっては全部伝えてから行くって人もいると思うし、そもそも遊びになんて行かないって人もいる。それは人それぞれだからいいんだけど、そんなに我慢して楽しい?って俺なら思っちゃう。

 

彼女と彼氏の関係ってそんなに大事?そこまで重要?

 

真剣に一回考えてみるといいよ。自分は何が大事で、どんなことを大切にしているのかって。そうやって自分と向き合わないと結局付き合った後に彼女のことを泣かせることになるし、困らせるから。

 

1年は彼女と続くようにしておかないとね。そういうのができないと、結局一時的にしかモテることができないっていうのと同じだと思うんだよね。

だって関係性続かないでしょ?同じ人と。だから取っ替え引っ替えしちゃうじゃん。

まぁもちろん飽きてきたっていうのもあるとは思うけど、そんなんで捨ててたら結局また同じだし、積み重なって行くものは何もないよね。

 

だから関係性はきちんと作るようにしよう。人間的魅力をきちんとあげよう。んで、彼女との関係は長続きするようにしよう。それができないならちょっと考えた方がいいよ。マジで。

 

俺ら人間っていうのは、飽きる生き物なんだよ。

毎日カレー食べたい?もちろんイチローみたいに毎朝奥さんのカレーでもいける!っていう人もいるけど、あれはルーティーンの1つだから。例外ね。

 

毎日カレーだったら普通は飽きる。もういやだ!!ってなるはず。それがどれだけ好きなものだったとしてもね。

 

だから要するに、彼女と長続きさせたいな〜とか思ったら、飽きないようにしなきゃいけないんすよ。それってどういう刺激かっていうと、好意を伝えるだけじゃなくて、時には相手を拒絶することが大事なんですよね。うん。

 

例えば別れ話とか、例えば否定とか。そういう要素も時には必要なんですよ。そういう要素が含まれていない男には飽きがきちゃうんです。

 

イメージしてほしいんだけど、DV男の彼女ってめちゃくちゃ男に惚れ込んでるでしょ?あれってなんでかって言ったら、こういう否定とか拒絶の要素があるからなんですね。だからすっげえ惚れ込まれんのよ。

 

こういう要素がないと飽きられてポイッてされちゃうんですよね。残念ながら。クソ男がモテるのも、たまの優しさが何倍にも良く感じちゃうのも、こういう理由なんですね。優しい男残念ですね。同じ優しさでも優しさが全然違うんです。そりゃ優しい男は恋愛市場ではなかなか勝てませんわ。

 

この問題を解決するためにはどうすればいいんですか・・・って思うかもしれないけど、嫌いなものは嫌い、好きなものは好き、ダメなものはダメ、いいものはいいって言えるようになることだね。

 

これができるようになるとマジでモテるよ。簡単なことだけどできてる?それ。

彼女に対してやさしすぎてない?大丈夫?

 

それはダメでしょ。してはダメ。それはいいと思う。

こういう風にやっていいこと悪いことをちゃんと言えるかどうかとかが大事なの。

 

ダメなことはダメなんすよ?彼女だから・・・とか、好きな人だから・・・とか関係ない。「は?うざいんだけど」って思われたとしても言わなきゃダメなの。言えてますか?彼女に対して甘すぎませんか?って僕は問いたい。

 

まぁ、こんな感じで恋愛にも色々な種類がありまして、ダメなカップル、そうじゃないカップルを見ても色々と思うことがあるわけであります。

 

そういう気づきとかを発信していけたらいいなと思うわけでした第2章の始まりといたしまする。頑張ってブログ更新していきますねん。